コンフォートlogo

新規取り扱い希望の方はこちら

機能印象(ダイナミック印象)の採得

機能印象(ダイナミック印象)の目的

1.実際に義歯が口腔内で機能している状態(食事・会話等)の粘膜の印象採得を行うため

2.不具合を確認し、適切で機能的な義歯の外形(辺縁の長さ・小帯可動範囲等)を採得するため

機能印象材

コンフォートティッシュコンディショナーⅢ、松風ティッシュコンディショナーⅡ(白)、ソフトライナー、ハイドロキャスト等
【不可】シリコーン系印象材・フィットチェッカー

おさえておきたい!4つのポイント

  • 1.痛み・アタリ箇所はレジンを削合。

    痛み・アタリ箇所はレジンを削合01 痛み・アタリ箇所はレジンを削合02

    ・機能印象材をのせる前はフィットチェッカーを活用。
    ・ 機能印象中は印象材がのっていても痛い箇所は大幅に削り込む。
    ※特に下顎舌側部はアタリが出て、小帯もくっきり出やすい。

  • 2.義歯床外形に問題ある時は即時重合レジンを利用して、最適な外形に修正。

    即時重合レジンはコンフォート加工時に新製レジンにおきかえます

    即時重合レジンはコンフォート加工時に新製レジンにおきかえます。

  • 3.必ず食事をして状況確認。

    機能印象中の洗浄方法について
    機能印象中の洗浄は、流水ですすぎ洗いをしてください。もしくは、中性洗剤で洗浄してください。汚れが酷い場合は指で軽くこすってください。
    ※義歯洗浄剤は使用しないでください。

  • 4.患者様との目標設定をし、使用感を必ず聞く。

機能印象採得例

Copyright bitec global japan. All Rights Reserved.